大阪・梅田の占いサロン|LGBT専門

お問い合わせ
お問い合わせ
トップLGBTの皆様へ当サロンが選ばれる理由料金メニューお客様の声よくあるご質問アクセス当サロンのご案内
トップLGBTの皆様へ当サロンが選ばれる理由料金メニュー
お客様の声よくあるご質問アクセス当サロンのご案内

LGBTの皆様へ

昨今、セクシャルマイノリティーの人達を一括りにするLGBTという言葉が浸透しています。
私も便宜上使用していますが、決して一括りにはできないと、当事者のひとりとして強く認識しています。
もっと言うと、人間皆それぞれ個性を持ち、同じ人間はふたりとこの世に存在しません。
同性愛であろうが、異性愛であろうが、人の悩みや不安は簡単にカテゴライズできません。

私自身も自分が何者かわからない期間が長く、生きづらさを感じてきました。
ですが、占いというツールを通して自分を観たとき、
「これでいいんだ」「自分は自分でいいんだ」と腑に落ち、占いを深く学ぼうと思いました。

占いの鑑定結果については、自分ができないことの言い訳にはできませんが、生きていくための指針となります。

占いの中で、常に意識している事

私が占いの中で、常に意識している事があります。
アメリカの社会福祉学フェリックス・P・バイステックが提唱した「バイステックの7原則」です。

1.個別化の原則

似たお悩みはあっても、この世の同じ悩みは存在しません。
いかなるときもお客さまのお悩みはお客さま個人のものであり、他人と比べるようなことはしません。

2.意図的な感情表現の原則

お話しやすい環境、傾聴の姿勢を心がけています。
鑑定の際は、ゆっくりで構わないので、ご自身のペースでお話くださいね。

3.統制された情緒関与の原則

占い師は正確に占わないといけません。
お客様の気持ちに寄り添うことはしますが、決して、感情に流され同情して占うことはしません。

4.受容の原則

基本的に、お客さまの個性を尊重し、どのようなお悩みも決して否定しません。
ですので、ご安心してありのままをお話ください。

5.非審判的態度の原則

いかなるご相談も、占い師が善悪を決めつけません。
問題には色々な背景、事情というものがございます。
良いか、悪いかはご本人さまの決めることであり、占い師が決めるべきではないと思っています。

6.自己決定の原則

鑑定中によく、「先生が決めてください」と言われることがあります。
ですが、悩んでいるのはお客さまであって、占い師ではありません。
道筋を示すことはできても、どの道に進むかはご自身で決めないといけません。

7.秘密保持の原則

当然のことですが、お客さまの来店来歴、個人情報、ご相談内容は一切他言しません。
侑詩徹占」はお客様と私だけの空間です。
※「バイステックの7原則」Wikipedia参照


占いというツールを使い、見えない世界から自分自身を覗くことで束の間でも、
お客さまのお心に寄り添うようにしています。
お帰りの際は、少しでも笑顔になっていただければと思っております。
当サロンはセクシャルマイノリティーのかただけではなく、ストレートの方もご利用いただければと思っています。

西洋占星術
タロット占い
手相占い
対面占い
電話占い

占い講座・レッスン 占い師を目指す方へ
大阪梅田の時間無制限の占い
電話番号
お問い合わせ
営業時間